はじめてのおつかいを観ていて。

テレビで久々に観ていると、自分が5歳の時はどうしていたのか、意外と色んな事が出来ていたように思います。
2歳下の弟がいたので二人でお留守番していたり、お湯を沸かす事も出来ていたので、親がいなかった時はラーメンを自分達で作って食べていました。
買い物も近くのスーパーやショッピングモールやコンビニなど、6歳の頃には色んな所へ行っていたし、それがいつから出来ていたのかは思い出せないけれど、5歳には色々出来ていたと思うんです。

親と離れている時間が多かったけど、弟がいたからあんまり寂しいとか感じた事がなかったです。
初めは夜に親がいなくてパジャマを抱いて寝るという事もありましたが、段々いないのも慣れてきて、弟と楽しく過ごせていたような感じです。
いつの間にか親に執着とか甘えなくなりましたね。
自分の子供にもしっかり一人で買い物位は出来て欲しいですが、今の世の中、子供だけでのお出かけは危険になってしまったけれど、少しでも成長してもらうためには、何とか工夫して厳しく色んな事を教えて出来る事が増えて欲しいと思っています。

はじめてのおつかいを観ていると、子供が早く欲しくなります。
子供が可愛くて仕方ないです。
そして面白いです。笑いと癒しと感動を与えてくれる番組って、これ以上なものはない気がします。
20年前とかだと映像ですぐ、子供が大人になった映像があるのだとわかりますが、立派に大人になった姿を観られるのもこの番組の醍醐味です。
ずっと無くならず続けて欲しいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ