車に傷があると車査定の際の評価はどうなるか

車査定サイトを利用する場合、傷は一つのポイントになってきます。結論を申し上げれば、あまり大きな傷が発生しないよう気を付けた方が良いでしょう。ただし傷と言っても、やはり程度の問題はあります。

確かに車査定の基準の1つに、傷の有無という項目はあります。誰が見ても目立つ大きな傷が付いている車などは、やはり査定額も下がる確率は、それなりに高まるでしょう。いわゆる事故車などは傷が付いている事も多いですが、どうしても金額は低くなる傾向があります。
では傷が付いていれば必ず金額が大幅ダウンするかと言われれば、そうとは断言できない一面もあるのです。

そもそも傷と言っても、非常に小さいレベルもあるでしょう。いわゆるかすり傷程度のレベルならば、取り立てて大きな問題はありません。コンパウンドで補修できる程度の傷ならば、それほど査定額も下がらない傾向があるのです。飛び石による傷などは、車査定サイトを利用する上では、あまり大きな問題にならないでしょう。
だからといって、やはり傷が発生しないのが一番です。いずれ売却する予定があるなら、やはり普段から車査定で評価されるポイントを意識しながら取扱いには気を付けて、傷が付かない安全運転を心がける方が良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ