傷害(後遺症)がない主婦でも休業補償が請求できる

傷害については、積極損害、休業損害、慰謝料などを合計して120万円まで自賠責保険からの支払いがあります。そのほかにも治療や介護にかかった費用も請求できます。

《請求できる費用項目》
1.積極損害

  • 救助捜索費
  • 治療関係費
  • 応急手当費
  • 護送費
  • 診察料
  • 入院費
  • 投薬料、手術料、処置料等
  • 通院費、転院費、退院費
  • 看護料・・・近親者・その他の者が入院看護に当たった場合1日4000円、自宅看護または通院付添1日2000円、これを超える場合、地区家政府料金を限度として実質を詰求できる。看護人の寝具代、交通貨の笑賀も諮求できる。
  • 諸雑賀・・・1日1000円を詩求できる。
  • 温泉療設費(医師の診断による)
  • 柔道整復費・・・あんま、マッサージ代も含む(医師の診断による)。
  • 義肢等の費用
  • 診断害等の費用
  • その他の費用・・・近親者が事故の現場までかけつけた費用。事故で留年や入学延期した時の授業料

2.休業損害
きちんと働いている者は、1日につき5200円の請求が認められるが、この額を超える場合は、1日18000円を限度として実費が認められる。主婦でも治療費の2倍までを上限として、1日5200円が認められる。

3.慰謝料
1日につき4100円が認められる。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ