初心者にもわかる自動車保険

自賠責保険はあなたをどこまで守ってくれるか

自賠責保険は万能ではない

車や物をこわしても自賠責から保険金は出ません
自賠責保険の性格を簡単にまとめると次のように表現できます。
1.自賠責保険は、原則的に人が対象である
2.人は他人であること
3.自動車の運行中の事故であること
4.運転手のほかに運転供用者も賠償の責任がある

この1.の「原則的に人が対象である」と述べましたが、最近は被害者のメガネなども賠償の対象になっていますので、請求できるかどうか損保会社と掛け合うといいでしょう。
そして「人」であるので、車や物をこわしても支払いの対象にはなりませんし、ましてガケから落ちてケガをしたという自損事故も、自賠責からの保険の支払いはありません。

〈自賠法第3条〉
自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。
(自動車を運転・利用することで他人を傷つけた場合は、その損害を賠償する責任がある)
自動車保険最新の情報 | 自動車保険見積もりの情報はこちら

自損事故でも妻や子供に自賠責保険かおりる場合がある

「他人」を傷つけた場合に支払われるということですが、以前は要は他人ではないということで、助手席に妻が乗っていて死傷した場合は自賠責からの支払いは一切ありませんでした。
これは夫婦が共謀して、自動車事故を偽装して自動車保険の保険金をだましとる事件を防ぐ意味がありました。
しかし、これでは夫が運転していて壁に激突し、夫が死亡し妻が死傷しても、任意の自動車保険に入っていなかったら自賠責保険からも支払いがなく、妻は何の補償も受けられないことになります。
事実、自損事故には自賠責保険からの支払いはありませんでしたが、保険金サギを防ぐためと妻が夫に賠償を求めることは、普通ではないということでした。
しかし、これでは本当に補償が必要な被害者に保険金が支払われないという、血も涙もないことになってしまいます。そこで妻は「他人」であると認定された場合には、自賠責保険の支払い対象になります。
しかし、妻も免許をもち、運転のとき運転していた夫に運転を指図していたら、運転供用者として夫と同じ責任があるとして、「他人」とは認められず自賠責保険は支払われないことがあります。妻は他人だからといって、どんな状況でも支払われるというのではないのです。
ことを注意してください。このような場合、奥さんは後部座席で寝ていれば、他人として自賠責の支払い対象になります。夫が車に乗るときは奥さんは後部座席に乗った方が無難です。
ちなみに損保では、他人の定義を次のようにしています。

〈他人〉
運転供用者、運転者(運転補助者を含む) に該当しない者

また運転を誤り、壁に激突して同乗の子供を死傷させた場合は、悪質な意図や行為がなければ、自賠責保険の支払いはあります。このような自損事故は原則的には、自賠責からの支払いはないのですが、他人と認められれば、自損事故についても自賠責からの支払いはありますので、自損事故でも損保会社と交渉してみることが絶対に必要ですし、納得できなければ弁護士に相談することです。弁護士の相談料は有料ですが1時間1万円程度ですし、物事がはっきりしますので、私は弁護士をおすすめします。
対人賠償保険は自賠責の対応とは全く異なります。対人賠償保険は、親族の同乗者には適用されません。

加害者だけではない事故の責任

他人とは、民法の他人とは異なる解釈をしています。
自賠法でいう他人とは、原則として次の者以外であり、車の事故が起きた時には、加害者としての責任が問われます。

[人身事故の場合]賠償責任がある者←自賠責保険でも任意の自動車保険でも同じ

・運転者……事故の時、率を運転していた者
・使用者……事故を起こした運転者の使用者(社長など)
・運行供用者
→自動車の所有者※
→保有者や所有者で運行供用者※
※上2つは車を人に貸した貸し主やレンタカーの貸し主も含まれる。

ただし、盗まれた車で事故を起こされた場合は、その車の所有者には事故による賠償責任はありません。しかし、キーをつけたままにしておいて車を盗まれ、その車が事故を起こしたら賠償責任を問われることがありますので、要注意です。

駐車中でも支払われる

自賠責保険の適用が、車が運行されている場合に限られるとされていましたが、自賠法第3条にいう「運行」とは、車が走っているか駐車しているかとは関係なく、自動車が本来の使われ方をしている時の人身事故について、自賠責保険の対象になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ